課題の探し方をワークショップで知る

課題の探し方をワークショップで知る 部署内を上手く取り纏め、士気を高めて業績アップに繋げていくのが管理職の方の仕事ですが、なかなかうまくいかないという方も多いのではないでしょうか。チームビルディングというのは誰かに教わる機会もほとんどなく、なんとなく自己流でやっているという方もいると思います。それで成功すれば良いのですがそうでなかった場合、どこに課題があるのかを見つけることが何よりも重要です。
そんなときに有効なのが、管理職同士で行うワークショップです。チームビルディングの際に気をつけていることなどを一人ひとりが付箋に書き出し、それを大きな模造紙に貼り付けていくのです。そうすることで、自分の部署は何が課題なのか、またそれを解決するにはどのようなことを行えば良いのかということが見えてきます。ワークショップのいいところは、ひとりの成功事例を全員で共有できるということです。それを自分の部署に持ち帰り実践することで、全体のレベルの底上げにつながるのです。

チームビルディングでパフォーマンスアップ

チームビルディングでパフォーマンスアップ 管理職ワークショップでチームビルディングを学ぶことで、組織のパフォーマンスアップへ繋げることも出来ます。これには主に目標の調整・効果的な関係の構築・メンバーそれぞれの曖昧な役割の低減、チームが抱えた問題に対しての解決策の発見などに対して、チーム自体が目的や役割を認識し目標達成に向けメンバー同士がサポートをして、問題を解決できる組織を構築します。特に管理職には社員を上手く纏めていくことは会社の業績を上げるためにも欠かせないことです。
チーム自体のパフォーマンスアップにも大きな影響があり、メンバーの業務のプロセスや感情に認知、社員同士の結束や信頼を生み出します。個々の役割が明確になって相互作用が生み出されると、組織として実行能力も大幅にあがり、それで悩んでいた組織の問題も解決できます。さらにそれぞれ幸福感をもって仕事が出来れば組織の可能性も広がり、それにはコミュニケーションの強化も欠かせません。これもチームビルディングで職場内で気軽に話せるフレンドリーな人間関係や職場の環境を構築出来ます。

新着情報

◎2024/4/1

情報を更新しました。
>管理職向けワークショップ成功例紹介!効果的な進め方のポイント
>管理職向けワークショップの概要とその効果的な活用法
>管理職のための業績アップワークショップ実践ガイド
>管理職、ワークショップの中小企業での活用法
>管理職のための大企業向けワークショップ企画ガイド

◎2023/6/1

情報を更新しました。
>管理職のワークショップでパワハラを理解する
>率先力を身に付ける管理職のワークショップとは
>管理職のワークショップでインプットすべき内容とは
>管理職のアウトプットを養うワークショップとは
>管理職としての自覚を促すワークショップとは

◎2022/8/9

情報を追加しました。


>管理職がワークショップで人心掌握を得るにはどうしたら良い
>管理職向けワークショップで組織の強化を図る
>管理職がオンラインでワークショップを行うメリット
>管理職のワークショップの一般的な内容やメリット
>管理職のワークショップで課題を発見しよう

◎2020/12/23

ビジネスメンターによるワークショップ
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

自分のレベルで受講できる
の情報を更新しました。

◎2020/8/19

管理職向けのワークショップの内容
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

課題の探し方をワークショップで知る
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

管理職ワークショップで学ぶ
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 課題」
に関連するツイート
Twitter

返信先:課題なんて要らない。 読書とか、習ったことの復習とか、なんでも良いし、誰も付けないなら、管理職がちょこちょこ見回ればいい。 私なら、自分が空き時間なら、その時間を貰って自分の教科を教える。 そしたら、戻ってきた時に、返してあげられるから。

管理職(部長級)に就いて、人事の役割を担い、はや6年。退職者から言われて突き刺さった言葉 ちゃんとフィードバックしてほしかった。何が課題でどう解決していけばいいのか、一緒に考えてほしかった。…

これから宮崎に向かいます。 今回も二日間。いずれも管理職の方向けの時間です。現場で抱える課題への向き合い方を一緒に考えていきます。

管理職者は自分の発言・行動が、どのように部下・他部署に影響するか考える必要があります。管理職は「役割」です。自分の部署の課題を捉え、部下へ動いてもらうためには日々どのように関わり合っていくことが重要か。管理職の間違った認識はとても怖いです。

①人を増やす →現実保育士不足で厳しい ②タスクを管理する →業務量とのバランスで限界ある ③補助金増やす →これは是非してほしい ④管理職が率先して帰る →帰りやすい雰囲気は必要 ⑤業務量軽減 →無駄な書類はなくせる まだまだ課題は山積みだけど保育士が生き生きと働ける職場を目指したいね