ビジネスメンターによるワークショップ

ビジネスメンターによるワークショップ プレゼンテーションが上手にできなかった、商談がまとめられない、このような結果が続くと人は悩みを抱えてしまう、ジレンマになり以降のチャンスも逃しやすくなりがちです。
しかし、このような悩みを持つ人もいれば、迷うことなく決断および行動が取れて成果を出し続けている人もいる、両者の大きな違いは自分の人生を効率よくそして上手に導くメンターの存在の有無ではないでしょうか。
メンターは助言を与える人や指導者などの意味を持つもの、ビジネスメンター制度は管理職向けの教育制度に相当するものです。
そしてビジネスメンターによるワークショップは管理職の育成をメインに行っているため、成果を出せずに悩んでいる管理職などに最適なツールのようなものになるのではないでしょうか。
なお、ワークショップを通じてメンターとの出会いを行う、管理職の人々は会社の中の人材と物、お金を効率よく活用して大きなチャンスが訪れた際にそれを逃さない、そのような人材に育成できるといいます。

管理職もワークショップを通して成長できる

管理職もワークショップを通して成長できる 管理職になった人は自分の業績が非常に高かったため抜擢された人や、後輩への教育態度が優れているため昇進した人、またはたまたまそのスポットが開いてしまい急になった人など様々な理由により管理職になった人が存在していると思います。
そのため、必ずしもすべての管理職がその地位として必要な知識や手法などを学べているわけではありません。
ワークショップなどのカリキュラムを通してさらなる成長を促してあげる事は、会社全体の利益となりますのでお勧めです。
ワークショップとはケーススタディにより問題解決能力を伸ばしたり、自発的に参加して意見を述べたり他社の意見を聞いたりする事によって、会社の実務以外にも様々なシチュエーションにおける管理の仕方を学ぶ事が出来る場です。
ただ聴講するだけの授業形式ではなく、あくまで本人が主体となり参加して行動を起こす事がメリットですので、実践的に使える技術を学び会社に持ち帰る事が出来ます。

新着情報

◎2024/4/1

情報を更新しました。
>管理職向けワークショップ成功例紹介!効果的な進め方のポイント
>管理職向けワークショップの概要とその効果的な活用法
>管理職のための業績アップワークショップ実践ガイド
>管理職、ワークショップの中小企業での活用法
>管理職のための大企業向けワークショップ企画ガイド

◎2023/6/1

情報を更新しました。
>管理職のワークショップでパワハラを理解する
>率先力を身に付ける管理職のワークショップとは
>管理職のワークショップでインプットすべき内容とは
>管理職のアウトプットを養うワークショップとは
>管理職としての自覚を促すワークショップとは

◎2022/8/9

情報を追加しました。


>管理職がワークショップで人心掌握を得るにはどうしたら良い
>管理職向けワークショップで組織の強化を図る
>管理職がオンラインでワークショップを行うメリット
>管理職のワークショップの一般的な内容やメリット
>管理職のワークショップで課題を発見しよう

◎2020/12/23

ビジネスメンターによるワークショップ
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

自分のレベルで受講できる
の情報を更新しました。

◎2020/8/19

管理職向けのワークショップの内容
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

課題の探し方をワークショップで知る
の情報を更新しました。

◎2020/3/27

管理職ワークショップで学ぶ
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 成長」
に関連するツイート
Twitter

成長に関わらせてもらえるのって喜びだし、幸せです。 今日の管理職研修で、参加された方々の変容を目の当たりにして、改めて実感しました。 研修の内容は、知識や技術を伝える水平的成長だけでなく、自分の視座を高める垂直的成長を軸にした研修だからこそ、喜びも一入です。…

出来ることをしよう(性別役割分業論?)、というのは一見正しいように見えるが、これを認めると成長機会の無い人間は一生そのままなので意欲のあることをしよう、というのがうまくいく。※鳥取県の女性管理職増加ケースを参照。元鳥取知事は「男女の能力差」が作られたものだと指摘し、これを改善

成長」の先に待っているのが多少給料が良くなる以外にメリットがない管理職なら成長なんかしたくないな。仕事しなくて良くなる未来が待ってるなら喜んで頑張るけど。

返信先:池田さん、こんにちは!自分はBを選択しますね。成長できる挑戦しやすい環境を作るのが管理職、親の役目だなと思ってます🤝

会社側がそのような事は無いと言うなら 社員の直属の上司に問題ある可能性も 昔と考え変わってきてるからね その手が苦手な管理職なら補佐を付ければ良い 適材適所苦 経営陣も今だけでなく未来見て育成考えないと 自分の時に問題無く成長すればと言う考えはどうかと